苫小牧パソコン修理トラブルのご相談は苫小牧パソコンケアサポートへ

苫小牧発の出張パソコン修理・設定・サポートを行う会社です。パソコンのトラブルは気軽にご連絡下さい

設定 サポート お知らせ

Windows updateの更新時の不具合や注意点とは?

普段ご自宅や職場でWindowsのパソコンをお使いの方ですと、「Windows〇〇を更新しています。電源を切らないでください!」と表示されているのを目にしたことがあるのではないでしょうか?

updateしたせいでパソコンの調子が悪くなったとか、いつまで経っても画面が変わらない、など確かにupdateに関する不具合もよく報告されています。

そもそも、Windows updateとはどういうものなのでしょう!?

updateに関する知識を身につけておけば、もうupdateは怖くない!!

今回は、そんなupdateに関する情報をお届けします。

 

Windows updateとは!?

Windowsの開発・販売元であるマイクロソフト社が独自に行っているオンラインサービス機能です。お使いのWindowsの状態に合わせて、Windowsを動かすシステムやセキュリティを常に最新の状態にしてくれます。

先日、世界的ニュースとなったコンピューターウィルス「ランサムウェア」。

このウィルスに感染しないように、マイクロソフト社でもすぐさまupdateプログラムが配布されたのは記憶に新しいですよね。

でも、簡単に言うとこういうことなんです!

もちろんこればかりではなく、Windowsに新しい機能を追加してくれたり、不具合のあるプログラムを修正してくれたり、私たちがパソコンを快適に使用できる環境を提供し続けてくれているのです。

しかし、それは最近のWindowsに限ったことなので、基本的には古いWindows OSに対してはこうしたサポートが終了している場合もあるので、使用環境に合わせてご確認ください。

Windows OSの確認方法

ご自身がWindowsのどのバージョンをお使いなのか、分からない時はパソコンの電源を入れてはじめに出てきますのでご確認いただけます。もしくは、パソコンが起動してから、左下のスタート → コンピューターを右クリック → プロパティ(Windows XP/Vista/7)・スタートボタン右クリック → システム(Windows 8.1/10)でも、確認いただけます。

 

Windows updateの方法

このWindows updateを更新するには基本的に2つの方法があります。1つは自動で更新・適応してくれるもの。もう1つは手動で更新するものです。

最近のパソコンを購入してそのままお使いの方ですと、ほとんどが自動更新になっているかと思います。※(但し、インターネットに接続時に適応される

なので、使用中に右下にポップアップウィンドウで知らせてくれたり、パソコンの電源を切るときに「Windowsを更新しています。電源を切らないでください!」などと案内が出てきます。

この状態ですと、画面通りの指示に従っていれば何もしなくても後は勝手に更新してくれます。

ただ、パソコンのスペックやネット環境によっては、数分〜数時間かかることもありますので焦らずじっくりと待ちましょう!

もし、「あれっ!?時間がかかり過ぎてる?」、「もう待てない!!」と思ってもそこはグッと我慢です。

途中で、電源を切ってしまったり切れてしまったりすると、不具合が起きてしまたり、ファイルに破損が生じる場合もありますので、ちょっとおかしいなと感じたらパソコンのメーカーや専門の業者さんに問い合わせてみるのもいいかもしれません。

<アップデート手順>

・Windows 7の場合  スタート → 全てのプログラム → Windows update →更新プログラムの確認(更新があれば、インストール → 更新 → 今すぐ再起動)完了です。

・Windows 8,1の場合  設定 → Windows update → 更新プログラムのチェック → 更新があれば、インストール → 更新 → 今すぐ再起動)完了です。

・Windows 10  Windowsの設定 → 更新とセキュリティ → 更新プログラムのチェック → 更新があれば、インストール → 更新 → 今すぐ再起動)完了です。

 

注意点

Windowsのupdateには注意すべき点が幾つかあります。

・アップデート中は電源を切らない。

これは上記にも記した通りで、新しく更新プログラムをインストールする際にデータやファイルなどの破損に繋がることもあります。最悪の場合、パソコンが起動しなくなってしもうことさえあります。更新時は必ず、モニターに進行状況とともに、「電源を切らないでください!」と出ているはずなので指示に従って待機してください。

 

・有料、無料のセキュリティソフトは最新のものにするか、場合によっては機能を無効にしておく。

稀になんですが、標準のセキュリティソフト以外をインストールしている場合などに更新プログラムさえもハジかれて上手くアップデート出来ない事例もあります。そんな時は、一時的にセキュリティ機能を無効にするなどしてアップデート後にセキュリティを有効にすると、正しく適応される場合があります。詳しくはセキュリティ会社様のホームページなどの案内やお知らせでご確認ください。

 

・データ破損時のために、バックアップをこまめにとっておく。

アップデート時に限ったことではないんですが、万が一何かトラブルが起きてデータがなくならないとも限りません。そんな時のためにいつでも元に戻せるよう常日頃からデータのバックアッップはとっておくような習慣づけをしましょう!

 

・1度に複数のファイルを一括更新しない。

こまめにアップデートを行ってる方は更新・適応時間はかかっても1時間くらいは全て適応されていると思います。しかし、ずっと使用せずにいた状態のパソコンですと、使用していなかった期間の更新ファイルが溜まっている時があります。そうした時に、一度にたくさんの更新をまとめて適応すると、稀にファイル破損や更新の失敗などに陥ることがあります。

こんな場合は、更新プログラムの画面を開いて順番に1つずつ更新をかけてみるとスムーズに短時間で安全に更新できたりすることもあります。

 

 

オフライン時の更新について

上記の記載内容は、インターネットにつながっているパソコンでのお話になります。では、パソコンは使っているけれど、インターネットを利用していないので更新はしなくても大丈夫なの?というと、そうではありません。

やはり、インターネットにつながっていない分、ウィルスや不具合には見舞われる確率は低いかもしれませんが、感染経路はインターネットからだけではありません。

データの入ったUSB・CD・DVDなどからでも感染はします。その他にもそもそもの不具合だってあるかもしれません。

ネットにつながっていないパソコンでは、更新が随時できなくともネットを利用しているご家族やご友人・知人またはパソコン専門店などでも必要なファイルだけを落として、他のパソコンに適応させることもできます。

 

更新時間の変更と手動の切り替え

自動更新だけではなく、普段はアップデート機能を切っておいて任意のタイミングで手動更新することも可能です。

アップデートしたはいいものの、その後調子が悪くなったなどということもあります。周囲の反応を見てから更新するのもポイントかもしれません。

・Windows 7の場合  スタート → 全てのプログラム → 設定の変更 → 更新プログラムのインストール方法を選ぶ → あとはお好きな項目を選ぶだけです。

・Windows 8,1の場合  設定 → Windows update → 設定の変更 → 更新プログラムのインストール方法を選ぶ → あとはお好きな項目を選ぶだけです。

・Windows 10  Windowsの設定 → 更新とセキュリティ → Windows update → 詳細オプション  → 更新プログラムのインストール方法を選ぶ → あとはお好きな項目を選ぶだけです。

 

 

まとめ

Windows updateは、パソコンをいつまでも快適な環境で使っていただくために、最新の状態にしてくれるありがたい機能です。稀にアップデートによる不具合もありますが、基本的には最新の状態にしておいて問題ありません。

また、気に入らなければ適応した更新プログラムをアンインストールすることもできます。(ちょっと知識が必要ですが…。)

アップデート時間はご使用のパソコン環境によっては、更新・適応されるまでまちまちだったりします。基本、パソコンを使い終えられて電源を切る際に更新されることが多いですが、任意で再起動をかけても適応されることがあるので、時間にゆとりのある時を見計らって更新・適応してみてはいかがでしょうか!?

 

アップデートに関しまして、分からないことや困りごとなどがあればお気軽にケアサポートへご連絡ください。

 

料金一覧はこちらをご確認ください。

サービス事例一覧はこちらをご確認ください。

お電話で相談
メールで相談

-設定, サポート, お知らせ