苫小牧パソコン修理トラブルのご相談は苫小牧パソコンケアサポートへ

苫小牧発の出張パソコン修理・設定・サポートを行う会社です。パソコンのトラブルは気軽にご連絡下さい

設定 サポート

HDDの外付け化の方法

2017/05/01

SSDへ交換した後のHDDの有効活用法

当店で最も多い依頼内容としまして、HDDからSSDへと換装するカスタマイズが多いです。

普段からパソコンをよく使用する方は、起動やアクセス時の動きの遅さにストレスを感じている方が多いようです。

そういう私も過去にはそんな感じではありました。

ここ最近では、SSDの値段もだいぶ下がってきて平均240G前後のものであれば、¥10,000くらいで入手出来たりもします。

それでも、HDDに比べるとまだまだ容量自体は物足りなく感じますが、使い方によっては十分に満足のいくカスタマイズです。

では、HDDからSSDへの乗せ変えると物理的にHDDは余ってしまします。

当店でSSDへ換装されたお客様で、今までのHDDをお返しすると「どうせもう使い道はないんでしょ?」とか、「もういらないから引き取っていただけませんか?」などと言われる事があります。

当店では、大事な情報が詰まったHDDは基本お引き取りをせずに、壊れていない限りは外付けのHDDとしてこれからもお使いいただける様にご案内をし返却しております。

「えっ!残ったHDDってまだ使えるんですか!?」って、みなさま結構驚かれます!

もちろん、本当に不要ということであれば残ったHDDは、お引き取りをしてデータを完全に消去した上で処理させていただきます。その際にお客様へは、データの消去証明書を発行させていただいております。(証明書の発行料金は無料です)

 

HDDの外付け化の方法

では、残ったHDDはどう有効活用すればいいのかというと、外付けのHDDとして活用する方法があります。

現状では、むき出しのままのHDDですので、これをどう外付け化すればいいのかを以下でご紹介したいと思います。

< 用意するもの >

・HDD(2.5インチ/3.5インチ)どちらでも大丈夫です。

・外付けケース

・USBケーブル(外付けのケースについていることが多いです)

以上の3点です。

たったこれだけで、今まで使っていたHDDを外付けのHDDとして使用することが出来る様になるのです!新たに、既製品の外付けHDDを買わなくても済んでしまします。

外付けのケースはタイプも色々とあります。まずはどれが適合するのかを調べる必要があります。

まずはHDDのサイズの確認です。デスクトップなどに使われている大きいHDDが3.5インチ、ノートパソコンなどで使われている小さなHDDが2.5インチサイズとなります。

次に接続するケーブルのタイプを調べます。最近のものですとSATA接続が主流となっていますが、少し前のパソコンだとIDE接続というものになります。

あとは、それぞれに適合したケースを選ぶだけです!

家電量販店やパソコンショップなどで販売しています。

参考までに、Amazonでのドライブケース売れ筋ランキングです。

 

< 外付けHDDの作り方 >

まずは、外付け用のケースを用意します。

 

次にケースを開けるのですが、このケースはネジ止めするタイプです。ものによってはネジが不要のものもあります。

 

取り出すと、 HDDを繋ぐ基盤が出てきます。

 

今回はSATAタイプなので、差し込む向きを確認します。

 

確認したら接続していきます。

 

裏面にネジ止めがあるので、基盤とHDDはネジでしっかりと固定します。

 

HDDを固定したらケースに収納し、先ほどの前側部のネジを止めます。

 

後は、USBケーブルをHDDと繋ぎます。ケースの種類によてUSBのタイプも異なるのでその都度、確認してください。

 

ここまできたら、外付け化したHDDとパソコンをUSBケーブルで接続して完了です!

 

最近のWindowsパソコンだと、USBを差し込めば自動でデバイスをインストールしてくれるので非常に楽チンです!アクセスすると、今までのデータもしっかりと残っているのが確認できるかと思います!

もし、データが入らないということであればフォーマットをかければ、まっさらなHDDとしてお使いいただけるので、新しく既製品の外付けHDDを買うよりも安価で出来ちゃうのが魅力の一つです!

ただ、HDDそのものは以前に使用していたものなので、フォーマットをかけても寿命が伸びたりするわけではないので、その点は注意が必要です!

 

もし、ご自身ではHDDの外付け化が難しそうでしたら、当店にご相談ください。

HDDの外付け化サービスも承ります。

 

料金一覧はこちらをご確認ください。

サービス事例一覧はこちらをご確認ください。

お電話で相談
メールで相談

-設定, サポート